9歳の節

壁を超えて-10歳 人として の基礎が完成する

  1. 01 独立の始まり (1)子供の(親からの)独立開始 (2)感情の(親からの)独立開始
  2. 02 身体の成長 (1)味覚(食習慣)が完成する (2)匂いの記憶は6才から10才までがピーク (3)排泄習慣(自律神経系のバランス)の完成 (4)免疫寛容の成立 (5)暴力性・攻撃性・支配欲を強める性ホルモン=テストステロンの分泌量が増え始める
  3. 03 感情の制御 (1)辛い現実に耐える力を内に秘めた感情ができはじめる (2)嬉々として悪をなし、悪への好奇心を乗り越える (3)無口になる (4)感情の揺れ・爆発を抑制でき始める (5)願望と現実の区分 (6)興奮集中・抑止制御の基本が完成
  4. 04 思考の制御 (1)接続詞の用い方が完成する (2)抽象性・普遍性を具体性・個別性より優先させられる (3)身体の中での大脳・論理の独立性を生き始める (4)常に自分の評価の基準を意識できている
  5. 05 感覚の制御 (1)空間認識の臨界期 (2)空書きができる (3)見えないものが見えてしまう。勘がよい。
  6. 06 自覚 (1)誰かのロボット(将棋の駒)ではない、「将棋の差し手」として生きたいと思う。 (2)人生判断の基準・人生の原風景を持ち始める (3)無意識レベルでの自己イメージの原点ができあがる (4)世間を信じ、世間と共に生き、世間から信頼される人になる。
  7. 補足/追記 (1)幼児から学童になるとき (2)聾学校の教員達は昔から9歳の壁の存在を知っていた (3)ある時期から「3・4年生の脱落者が激増」し始めた (4)成長しきれていない「知情意」が少年非行への芽となる (5)少年達の惨憺たる内面が解明された (6)「自発性」と「良心」の涵養の重要性 (7)追記
PAGE TOP

Copyrighted Image