04 思考の制御

(1)接続詞の用い方が完成する
(2)抽象性・普遍性を具体性・個別性より優先させられる
(3)身体の中での大脳・論理の独立性を生き始める
(4)常に自分の評価の基準を意識できている

(1)接続詞の用い方が完成する

自宅付近の鳥瞰図を描ける。
自分・世界を客観化できる。
自分・世界を客観化する力と接続詞を使いこなす力は、セットになっている。
「論理を接続させ、また逆転させ、時に対比させ、時に累加することを予告する」接続詞。
(参考「文章読本」井上ひさし著 新潮社 p.81)

(2)抽象性・普遍性を具体性・個別性より優先させられる

抽象的な思考が可能になる。
必要により、見えるものを無視し、見えないものに注目できる。例えば重心(その物体の重さの中心という意味とその物体の重さのすべてが集中している一点と見なしてよいという意味がある。)・生物分類(魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類=類的な自己再生産つまり赤ちゃんの作り方のみに注目し、羽があるかとか水中に住んでいるかとかを無視するとこの様な分類ができる。)。
記号を実体視せず、記号として操作できるようになる。3αーα=2α・・・「3」?
ディベートで自己の立場を反対の立場に転換されても、即、逆の発想に耐えられる。3年生には不可能。
掛け算・割り算を理解できるようになる。5人/組×3組=15人
時計の針を正確に読めるようになる。:場合によっては、「目に見えないことが見えることよりも重要だ」と判断できる。
体験上納得できないことでも、論理的に証明されたことは受け容れられるようになる。
人情・常識・法律に従い、公正さ・平等性・自尊心から、自分自身には個人的に損になることでも、受忍できるようになる。

(3)身体の中での大脳・論理の独立性を生き始める

情緒や感情に根ざした外言(口頭表現)の外に、内省を経た論理的な内言・思考(書き言葉になる。)が可能になる。
::口で何かを語りながら、同時に先のことを考えられるようになる。
意識的統合的な書き言葉を使うようになる。
::繰り返しや矛盾がない明快な論理性を持った文章を作れる。
(参考 桜井邦朋「日本語は本当に非論理的か」P13/32祥伝社)

(4)常に自分の評価の基準を意識できている

時系列に添って物事を羅列する文章の段階から、一つの結論を目指し、全体の構成を考えて物語を作れるようになる。
読書感想文を書けるようになる。
::常に自分の評価の基準を意識できている。我が人生を貫き、最終ステージを支える原風景をイメージできている。

関連記事一覧

PAGE TOP

Copyrighted Image