[NEW] 吾妻:変わらない”けど”変え始めている”こと

1.”変わらない”けど”変え始めている”こと(2021.6.13更新)update
2.素敵なご報告(2021.5.16掲載)
3.給食のこと(2021.6.4更新)
4.園庭改造総仕上げ(2021.6.17掲載)new

1.”変わらない”けど”変え始めている”こと update

A. 運命の赤い糸
昭和42年4月創立の吾妻保育園。木更津市中央公民館の脇にささやかに建てられて8年、昭和50(1975)年4月、防衛施設庁補助事業(補助率90%)1級防音工事として改築工事が施工されて、市立吾妻保育園新園舎(現園舎)の落成披露式典が挙行された。(定員120名)。私はその席に千葉県君津支庁の支庁長代理として出席していたことを思い出す。
私は千葉県上級採用職員として君津支庁社会福祉課社会係にいて、厚生省の委任事務であった保育所監査を担当。採用1年目であったが、君津郡市50ケ所の全公私立保育所及び各市保育行政担当課・出張所(小櫃・上総・小糸・大佐和・富津)に毎年1回ずつ(その前年までは、2・3年に1回だったらしい。)3年間にわたってお邪魔した。吾妻現園舎の完成披露式典に伺ったのは勤めて3年目。本庁の総務部学事課に転出する直前であった。
当時保育所経常費の10分の8が国庫補助金であり、「監査は国の代わりを県職員がやってんだぞ。」と注意され、いささか緊張気味の部署であった。木更津市の小篭園長(のちの収入役)が主催する式典で、25・6歳の若輩が出る幕は全くなかったが、小篭氏ご自慢の吾妻保育園新園舎の堂々たる輝きに魅入られたことを忘れない。

45年後、令和3年4月、新園舎のように全面補修された吾妻保育園の設置運営を、(福)木更津大正会理事長として不肖宮﨑栄樹が引き継ぐことになったことを、あの世の小篭氏に報告したら、破顔一笑「あなたはあの宮﨑識栄先生の孫。大丈夫。」と大きな眼をぎょろりとさせて、喜んでいただけるかと期待するが、確信はない。
令和3年1月11日現在で、定員60名の子供たちを朝7時から夕方7時まで(土曜日は6時半まで)受け入れる職員配置が整った。コロナに怖気ず、少しずつ、入所希望者が誰でも入れるよう職員数の更なる充実を図りたい。

B. 2021(令和3)年4月1日
豊田園長・宮﨑際理事長代理兼社会館副園長と共に、吾妻・新宿地区の区長・郵便局長・平等院ご住職及び宮﨑が住職である愛染院の、江戸時代以来、長くて400年来のお檀家約80軒を代表する地区役員等にご挨拶に伺う。
昭和28(1953)年4月28日以来、本園木更津社会館保育園が実施してきた国旗日の丸の掲揚を、社会館吾妻保育園も開始。

C. 環境整備
令和3年4月1日(木)心苦しくも、コロナの蔓延により、入園式もなく保護者達各位へのご挨拶も欠いた(別記の1枚のご挨拶を配布させて頂いた)まま、理事長宮崎は、保育を維持運営するための施設環境(ハード)の整備を始めた。
木更津市公立保育園民営化審議会での委員長からのご指摘に従って、3年間すべてを完全凍結したうえで3年後にいきなり全面改善するのではなく、緊急性・必要性が高いと最高責任者たる理事長宮崎栄樹がが判断した事項から少しずつ改良・修正・上乗せを加えようとするものである。
つまり「吾妻保育園は、民営化に当たって、3年間は全く変わってはいけない。」という考えがまだあるやに聞こえるが、それは、「事実上、木更津市の民営化審議会の決議を否定する」ことになる。民営化審議会委員長の発言の真意は不明であるが、保育所関連の諸法令・保育所保育指針の最新の基準に、吾妻保育園の現状がそぐわない点があれば、速やかに改善されるべきは、議論の余地なく明白であり、その期限が3年後という事が許されるはずがないと新理事長は思っている。が、違法であっても「変え方は穏やかに少しづつ」という意味が委員長発言の趣旨であるとも受け止められるので、1・2年の余裕をもってその改善を図ることとした。

さて、下記のの多くは、は3月31日にはすべて終わっているべきであったが、保護者他関係の皆様には、「建物の所有権移転及び土地の管理権移転」を伴った「保育園民営化」という特別の事情による、やむを得ない遅延であったことを、ご了解いただきたい。

  1. 施設・設備
  2. 1. 動線の変更
    ・食品衛生法上、給食関係職員とその他職員の動線(図書室・休憩室・トイレ等)の交錯は問題なので、分離した。(用務員室内のふろ場を給食関係者用のトイレ・シャワー室に改造。)
    ・緊急避難用に 元放送室の内外の扉を改造して、外から玄関を回らず乳児室直行またはその逆進の道を整備。開き戸より安全な引き戸2枚設置。
  3. 2. 乳児室の改造
    ・乳児室の床が、病院のようにリノリュームであった。転倒対策として全面を衝撃を緩和できる木製の床に変更。
    ・乳児がハイハイし寝たりする場所を床面から50センチの高さ(赤ちゃん用のベットと同じ高さ)にあげた。床上30センチは微細な埃が充満している。
  4. 3. 看板の設置
    ・園舎東の国道側に、1枚目の看板を設置し、庭に枝垂桜等5本の緩衝木を置いた。「木更津市立吾妻保育園」の門標をそのまま由緒書きとして保存し、別に2枚の看板を、長いフェンスにつける。
  5. 4. 更衣室・ロッカー・理事長室兼資料室・教材室の整備
    ・不足していた職員全員のための3人用ロッカー4台を購入。これで給食担当者用に加えて合計7台になる。5月連休明けには3坪ほどの一般職員用更衣室ができた。
    ・不要になり活用されていると言えなかった機械室に、床上20センチで全面床張りを実施。更衣室のほかに理事長室兼資料室・教材室を整備。外部ドアを補修し、懸案であった湿気侵入を遮断した。
  6. 5. 木製デッキの設置
    ・園舎1階前面に、奥行き3m間口8m超の木製デッキを置き、屋根・下駄箱を付けることで、コンクリート園舎の固い印象を和らげたい。かくして0.1.2.3歳児たちは、玄関を経ないで内外通行が可能になる。緊急時には、保育室から直接外に出るほうが良い。
    4・5歳児たちの保育室等が2階にあることは、10名前後の職員集団が、1・2階に分断され瞬時・臨機応変の連携が妨げられているという点、3歳以下の子等が、4歳以上児たちのカッコよさを常に目にすることができず、上級生への憧れを抱くための障害になっている点でも、50年前大流行の設計思想を秘める吾妻保育園の大きな問題点であり、今後少なくとも20年あるいは30年吾妻保育園を生かすために理事長には1つの簡単な、しかし重い決断が求められている。
    ただし金田地区の大々的な発展にもかかわらず、金田・吾妻地区を含む木更津市内の平坦地の人間が津波を忘れて日々の生活を送ることは許されず、吾妻保育園が2階を有することが非常時の安全に有効であることは片時も忘れまい。
  7. 6. 扇風機の設置
    ・保育室5部屋に2台ずつ扇風機を設置。冷房稼働時間を短縮し、子供たちの汗腺の成熟を促進する。成人1人400万個にもなる汗腺は4・5歳までに出来上がり、あとはもう、いくら汗をかいても増えることがない。
    現代日本では、汗腺の数が200万個しかない子たち(誕生の日からエアコンに守られて、全く汗をかいたことがない幸せ?な子たち)が激増しており、小・中・高校生の熱中症の原因の多くがそこにあると聞く。汗が出ると体温は4度も下がるというのに、「汗は嫌だ!」だって。
    汗こそ天然且無料の冷房です。「汗臭い?」それこそ長生きの秘訣・秘密です。
  8. 7. 大鏡の設置 add
    ・職員更衣室と乳児室に大鏡を置いた。人は1日に1回、自分の顔・姿に出会うべきだとお寺の標語にあった。人はそれがどうであれ、与えられた運命(自分の顔・姿・人生)に真っ正面から向き合い、それを大前提として生きるべきだ、たとえ、気に食わなくても秘められた美点・可能性が必ず見えてくる、というのだ。
    ・階段踊り場にも大鏡を手配した。これは子供の為である。子供達は自分の全身のイメージを持つことで自分をそのまま好きになれる、と理事長は想定する。
  1.  
  2. 園庭
  3. 8. 植樹緑化
    ・園庭北側に見事な桜並木が並ぶ吾妻保育園。園舎北側には、枇杷の木。枇杷もサクランボも食べられる。
    桜たちに励まされて、理事長宮崎は、日光が燦々と注ぎ込む園舎南面に、夏季の暑さ対策として10本以上の樹木を植えた。園庭囲いには木イチゴ・むべ・金柑等多数を並べた。それは第1に道路から見え見えの園庭の目隠し用であり、第2に子供たちのお楽しみのためである。
    ・西日対策として、乳児室西側窓にグリーンカーテン用の網を張った。豊田園長がご実家のお父様に朝顔やカボチャ?の苗を育てて下さるよう依頼されたと聞いた。有難し。
    ・吾妻保育園特有の強い西風対策として、常緑のホルト1本・夏ミカン・八朔ミカンそれぞれ1本を6月13日に植えた。落葉樹であり大木になる榎は11月に園庭西側に植樹される。
    ・長楽寺様から大量に頂いた材料でインディアンの住居1棟を組み上げて頂上に赤い布切れをはためかせてもらった。 add
    かくして吾妻保育園の庭は、子供達に少々の緊張感と共に、ワクワク感と安心感を抱かせてくれる居場所になった。
    ・4月から大幅に減ったと聞いている「ダメ!」「危ない!」がさらに減っていきますように祈っています。
    吾妻(保)の子供達が、「子供っぽくて、危なくて見てられない。」から、「子供らしくって、とっても活動的で『ひやっ』とするときがあるけれど、安心して見てられる。」に益々近づいていくことを期待します。
  4. 9. 園庭の立体化
    ・3月の保護者アンケートに「園庭が詰まらない」との指摘があり、時の園長が「いずれ新しい理事長が何とかするでしょう。」と答えていた。
    そこで、園舎前の植樹緑化に加えて新理事長は、ジャングルジム1台・木製滑り台1ケ・桜の木にのぼり棒用の竹を5本・家庭用の鍋お玉など多数の砂遊び用具・ドラム缶3本(価5万円。ごみではない。念のため。)・ケーブルドラム2ケ∔4ケ(6月12日)を設置。園庭の立体化は、子供達の頭の中身を立体化するだけでなく、足腰の骨密度を格段に上げてくれる。自転車競技の選手たちが、筋肉は着くが骨がもろくなりがちでマラソンを勧められるのと同じ原理。
    5月連休中に10万円をかけて椎の木の巨木1株と樹齢80年の茅の木の切り株及びその太い枝の輪切り6ヶを移植。チャイルド社には20万円の雲梯1台も手配済み。大人の心配をよそに、子供達が、好奇心いっぱいで群がり遊んでいる姿に心からの安堵を覚える。
    尚、ジャングルジムは、旧東清保育園(現ゆりかもめ東清分館)園庭にあったものを移設した。東清分館には、5月18日に、2・3歳児用の小ぶりのジャングルジム(価40万円。ゆりかもめ東清分館の皆様ご安心を。)を購入設置済み。
  1.  
  2. 文庫
  3. 10. 紙芝居の充実
    ・2021年3月、吾妻の紙芝居の少なさに驚愕。そこで、新理事長の決断の許、豊田園長のセンスで新たに30万円ほど紙芝居を購入、社会館管理下にある「ゆりかもめ東清分館」=旧木更津市立東清保育園に大切に保管されていた紙芝居120セットも移管集合させた。紙芝居は日本人が生み出した大切な伝統文化です。吾妻保育園は、今後とも紙芝居の充実に励みます。
  4. 11. 専用図書室『アサリ文庫』の開館 add
    ・職員休憩室に置かれていた2台の本棚の絵本に加えて、これも理事長宮崎と豊田園長の判断で、40万円分の絵本を新たに購入。園舎2階の教材室の中身を1階機械室に移してそのあとを、図書室として開館できるのは、5月末か。3才以上児のための絵本の貸し出しもいずれ(2021年6月か?)始められる予定。
    貸し出しは、当面4歳以上。金曜日に貸し出して火曜日に返還。1度に2冊まで。
    吾妻保育園ではすでに毎日5冊以上の絵本等の読み聞かせが続き、絵本大好きの子達、紙芝居の物語を数知れず暗記している子らがますます増えていくことでしょう。
    絵本貸し出しに当たって、担任よりご案内の上、お子様が絵本を入れて持ち帰るための専用の袋をご用意いただきます。貸し出しはすでにされていたと園長より伺いました。その時の袋をお使い下されば十分です。
    2021年6月14日2階教材室が「アサリ文庫」としてほぼ整備完了。運用までもう一息ですが、保護者各位の見学は可能です。2階のゆり・チューリップ担任に断ってのぞいてみてください。定員60名の保育所としては、十分な内容と思って頂けるかと存じます。君津4市で専用の図書室を持つ園は珍しいです。
  1.  
  2. 駐車場
  3. 12. 新・駐車場の整備
    ・園庭の西側に、400坪ほどの駐車場整備工事が2021年4月26日に始められ、6月8日に完成した。そこに水銀灯2台。送迎通路センサーライト1台を設置し、そのフェンスにもう1つの案内看板を設置する。道路との境界が確定されたら、大潮大風対策のため、桜並木が開いているところに、植樹を進めなければならないと認識しております。
    尚、ここには、2019年9月9日まで「職業訓練校」(その前は木更津市中央公民館)があったが、台風により全面破壊され、後に更地にされていたところを、(福)木更津大正会が木更津市との賃貸契約(年間約100万円)により2021年4月1日から拝借したもの。
    吾妻保育園の保護者・職員の長年の課題・困難・不便・(職員の)負担が、あっさりと解決されたのは、勿論、木更津市関係課の特段のご理解ご支援の賜であった。が、史上初の千葉県台風からの吾妻保育園に対する置き土産であったことを、理事長としては、有難くも不思議な出来事と天に感謝するのみ。
  1.  
  2. その他
  3. 13. 事務室補助要員の配置
    ・週3日間午後、事務室補助要員を配置。豊田園長・本吉主任の事務室拘束時間を減らし、保育に入る等の自由裁量時間を増やす。

 

約1500万円と見込まれる1~12外の経費は、改めて県知事より認可され、4月に始まったばかりの新生吾妻保育園の収入から賄うことは到底できず、社会福祉法人木更津大正会の貯えから支出することになる。
民営化は「ハードもソフトも何も変えなくてよい。1円の費用もかからない。そのまま引き継げばよいのだ。」と言われていた。否!なんとなく私は、そう、思い込んでいた。実際そういうやり方もありえたかも知れない。
が、過去10年以上、待機児童が減らない木更津市内で、吾妻保育園の定員60名が一度も満たされたことがないことが不思議だった。すぐそばに、自衛隊という大票田があるのになぜなのか。そもそもこの園舎は50年前に定員120名の1級防音仕様の園舎として防衛施設庁補助金をいただいて作られているはず。26歳で、千葉県職員としてその竣工祝賀会の席にいた新理事長宮崎は、74歳の今、その不思議な問題を真っ正面から受け止め、民営化審議会のご期待に誠実にお答えする所存です。

そして、既に2021年3月、初めて園内を見せて頂いて私は即断していた。「私ができることからやる。そこに、私の真意を、先生方がお気づき頂ける日が来れば、吾妻の未来はいずれ見えてくる。」
① 保育と給食関係者の動線の分離(食品衛生上の問題) ② 絵本紙芝居の補充(知育・情操教育の問題) ③ 乳児室の改造(身体の安全・衛生上の問題) ④ 園庭に日陰を作り(気分・景観の問題)、遊具を増やす(体力・好奇心・決断力の問題)こと。
気づいてみれば、4月から現在までの緊急対処は、気づきが気づきを呼び芋づるとなり、今後の予定も含めて、上記の結果となっていた。

「何も変えなくてもよかったのに。お節介なこと。」とのご意見が、もし保護者及び保育士たちから出ているとしても、50年前の元保育所監査専門官としての常識、45年間の保育園園長としての経験、そして目の前のお客様たちに敬遠されているのかもしれないという経営上の課題からして、上記の対処が無駄であると判定することは、「無責任の誹り」を免れないと理事長は確信しております。
もしも、あなた様から、何らかのお知恵を拝借させて頂けるのなら、本園社会館副園長・理事長代理にお電話(0438-22-3659)を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

年間保育計画(ソフト)は前年をそのまま踏襲し変わらない。6月1日現在、年長組でピアニカの練習が開始された。太鼓をはじめ楽器も豊富にある。12月の発表会に向けて、保護者の熱烈なご期待に副うべく、担任は懸命です.
昭和42年吾妻保育園開所以来、50年もの長きに渡って大事にされてきたピアニカが、現代木更津の保護者達から熱い期待を受けているらしいことは理事長の想像をはるかに超えており、12月まで半年間の、子供達のやる気満々の練習の成果とお客様である保護者各位の心からなる満足を期待したい。これこそは民営化から一切影響を受けない「変わらない」吾妻保育園の象徴的なピースであり、今後も「変わらない」吾妻保育園の柱であるかもしれません。

吾妻保育園園児の身体の安全を確保するために、一瞬の状況判断の力を強め、足腰をさらに強くし、危険時の瞬発力・防御力を一層強化するべく、毎日午前中に2時間の散歩を始め、月に2~3回のリズム(50つ坪の社会館保育園大ホールでの合同リズム)を加えることで、子供達の状況判断力・自己原因性感覚等心理的な成長の基礎を作り上げていきたい。
これも「不必要。現状で十分。」との判断がありうることを認めますが、吾妻保育園の最終・最高責任者としては 子供たちの自己防衛能力・一瞬の判断力が9月の運動会までに「あれ?何か変わった!」と、関係各位に受け止めて頂けるようになることを願っております。保護者・職員各位のご理解とご支援をお願いします。

絵本・紙芝居が溢れる図書室の整備を急ぎ、子供たちの知的な好奇心を日々深く耕してあげたい。保育士たちの読み聞かせ(1日20分×2回)の積み重ねによって、好奇心が引き出されることが、その集中力の強化につながる。子供たちが1人で読書することよりももっと大切なことは、子供たちが、母たち・保育士たちによって音読される体験を積むこと。音読に込められている情感を、心深く子供たちが沁みこませること。吾妻が変わる!
少なくともあと90年(何が起きるか全く予想できない未来を)生きる子供達のために、新吾妻保育園は頑張ります。
保護者各位の、ご理解ご支援を、心からお願い致します。
 

2021.6.8
  法人理事長兼名誉園長 宮﨑栄樹

2.素敵なご報告
  1. 1.延長保育の子供たちの声
    土曜日の延長保育を午後6:30までに延長して、1ケ月半がたった。
    延長・時間外保育には、その園の保育者たちのセンス・熱意が端的に出る。
    その延長・時間外保育の中にお残りして来た子供達の中から、迎えの保護者に
    「(父母の迎えが)はやすぎる。(自分は、もっとここで遊んでいたいのに)」との声が出始めたらしい。
  2. 2.駐車場工事の状況
    駐車場工事はコンクリート打ちが終わった。
    型枠を外して、フェンスがつけば、工事は概ね終わり。今しばらくのご辛抱をお願いします。
  3. 3.園庭に子どもの楽しみが増えてきました
    ゴルフ場と間違えそうだった吾妻保育園の園庭の印象が、子供達の楽園=保育園の庭に見えてきましたでしょうか。
    でも、真夏を考えれば、まだまだ日影が足りませんね。一部は11月にずれますが、植樹はまだ続けます。秋の紅葉も楽しいでしょう。
    実がなる銀杏(メス)はいかがでしょうか。「臭い?」マイナスよりプラスに注目する人生を子供たちに教えましょう。甘い柿・渋い(例えば「蜂屋はっちゃ」)柿・夏みかんは発注済みです。渋い渋柿が干されて甘くなると、甘柿よりも甘くなるってことを、子供達の人生の知恵にしてあげましょう。
    果物はスーパーで買うのが常識?現代日本では、果物は、庭になっているのをもいで食べるのが、贅沢になりましたね。
    2階屋よりも平屋が贅沢になった(市民会館横展示場の宣伝)のと同じ?
    吾妻保育園の子達には、日本古来の贅沢が準備されていきます。お楽しみ。

 

2021.5.16 名誉園長・理事長  宮 﨑 栄 樹

3.給食のこと

4月1日~7月1日。吾妻保育園の給食が、下記の通り、変えられています。
社会館保育園40年来の検討の結果を、川名栄養士が早々と導入してくれたものです。
「異議あり!質問!」の方は、0438-22-3659 宮﨑 際 理事長代理までどうぞ。

  1. 1. 米
    社会館吾妻保育園は、3月までの吾妻の白米へのこだわりを捨てました。理由は78年前にありました。
    南極に高木岬がある。多くの南極の岬たちの中で、唯一日本人の名が冠されたもの。高木氏は元帝国海軍軍医総監である。対する陸軍軍医総監が、森鴎外。鴎外は、陸軍の主食を銀シャリ=白米にすべきことを主張して、白米を避けて麦飯や玄米を使うことを決めていた高木海軍軍医総監と対立し続けた。ハワイ往復の航海中の軍艦で、白米を食べていた兵士らが多数死亡したことがもとで、高木総監はビタミンB1の存在を確信。広くそのことを世界に報じて、脚気による被害を抑えることに貢献した。しかしドイツに留学して、細菌学の泰斗コッホに師事した鴎外は、「脚気細菌」の存在に拘り昭和18年鴎外の死迄、陸軍の主食を白米に固定する結果を残した。白米の限界、麦飯・7分尽き米・玄米の白米に対する優越性は昭和18年に帝国陸海軍軍医総監らが認めていることです。よって、「主食は白米」から、「主食は胚芽が残る分付米や雑穀・玄米を混ぜたものをお勧めします。パンも真っ白のパン以外のあれこれをお勧めします。」勿論忙しい時などはどうぞ良しなにお取り計らいください。
    吾妻保育園が0.1.2歳児に出す場合の主食は、七部尽き米です。ビタミン・ミネラル・食物繊維・栄養分豊富なうえ咀嚼力も高まります。
  2. 2. 牛乳
    7月1日から、社会館吾妻保育園は、ヨーロッパでは牛乳と認められない日本の高温殺菌牛乳(130度Cで2秒間殺菌)を止めます。マザー牧場の低温殺菌牛乳(65度Cで30分殺菌)が味も栄養価も最高ですが、数年前から牧場外への出荷がストップ。ずっとマザー牧場から牛乳を配達していただいていた社会館は今、生活クラブのパスチャライズド牛乳を採用しております。72度Cで15秒間殺菌される別名「ノンホモ」牛乳は、濃厚なクリームチーズを作れる優れものです。絶品のマザー牛乳には負けますが、7月1日から、社会館吾妻保育園にも、ほのかに甘い「低温殺菌」牛乳の配達が始まります。ヨーグルトも生活クラブの配達になります。
  3. 3. 油
    油はすでに「桑名の米油」になっています。何よりも油をあげる調理担当者が、サラダ油を熱した時に感じる不快感を感じなくて済み、油の切れが良く、揚げ物の味が油っぽくなサクサクしている、とのこと。何より米油は、国内産のコメの精米過程で生ずる国産品であり、サラダ油等のように、コーンなどの輸入品に頼ることもないので、とても安心です。太田山ノ下の「尾張屋」に売られているようです。お値段はちょっと高い?
  4. 4. 塩
    専売公社の塩は、まさに99.9%がNACL.社会館吾妻保育園の塩は、大島で海水から古来の方法で作られている塩。微量元素が豊富で味わいがある「海の精あらじお」です。
  5. 5. 鰹節 add
    汁物の出汁は、今までの吾妻保育園では、市販の出汁パックでした。6月1日からは、鰹節そのものの出汁に変更しました。汁物などの出汁の微妙な味わいへの新理事長のこだわりは、9歳までに決まる味覚の伝統的な在り方を重視しているからです。清潔さに過敏にこだわることによる神経症・精神疾患の激増問題に比して、味覚を重視することによる心身の落ち着き・品性は、圧倒的でありながら見過ごされやすい重大なテーマです。
  6. 6. 醤油
    醤油は、大量に使う時は、佐貫の宮醬油製の「たまさ醤油」。少量の場合は、大島の「海の精しぼり醤油」。
  7. 7. ソース
    ソースは、完全無添加の創健社の「中濃ソース」。
  8. 8. 砂糖
    砂糖は、普通の三温糖。
  9. 9. ごま油
    ごま油は、山田製油の一番しぼりごま油。
  10. 10. 納豆
    納豆は、小糸在来の納豆です。月に1度味噌汁も出ます。
  11. 11. 菓子類
    菓子類は、合成着色料・保存料を一切使わないサンワールドの製品です。
  12. 12. バナナ
    バナナの多くは輸入果物で、輸送中の船内で強烈な殺虫剤が使われています。
    金港バナナの社長が某日木更津ロータリークラブの例会で卓話をされた時、「バナナの両方の先端部に殺虫剤が残留しているので、両端を切って食べるように」と言っておられたことを私は忘れていない。吾妻保育園のバナナも今では、両端が切られているはず。
    ちなみにバナナは皮をむいて子供達に出す保育園があると聞くが、バナナの皮くらい子供達は自分で剥けて当然、と名誉園長宮﨑は理解します。子供の前になにげなく小さな「抵抗的課題」を置いてあげましょう。どのような人生のつまづきにも平然として前進できる子供達を育てましょう。

    「食材よりも調味料に金を使え。」という言葉を理事長宮崎が知ったのは10年以上前? 塩・醤油・ソース等々に1つ1つ拘ってきたのはそれからです。お料理の専門家の一言でした。

2021.6.4 名誉園長・理事長  宮 﨑 栄 樹

4.園庭改造総仕上げ add

保育所の園庭について50年前保育所監査官であった宮﨑が厚生省からチェックするように言われていたことは、砂場があるかどうかであった。

今、砂場は厚労省省令である保育所最低基準から削除されて何年になろうか。砂場があることによるプラス面とマイナス面を勘案して、国はいつしか必置でなくしていた。
プラス面は、子供達の創造性を涵養する点。マイナス面は、次のような、子供達の自己判断よりも保育士への従順さが重視される点。
① 砂場の砂を砂場の外に出してはいけない。
② 砂場の外の土を砂場に入れてはいけない。
③ 砂場で水を使う場合少しだけにすること、じゃんじゃん使ってはいけない。
④ 要するに砂場というところは、想像力一杯、次々とアイデアが浮かぶ子供達が、思いのままに遊べるところではなくなっていた。
⑤ さらに猫たちの糞尿対策の為に、使用後にはシートによって完璧にカバーされて、砂場の衛生管理に先生方の厳しい目が注がれていることが当たり前になった。

40年前園長になっていた宮﨑は、いつであったか気づくことになる。
① 保育士達の目的は、子供達に保育士自身の言うことを理解させること、つまり大人の指示に「すなお」に従う子を育てることらしい。
② 大人に反抗せず、いつも大人の指示を待ってうごく受動的で指示待ちの子供達を生み出すことが保育の目的になっているようだ。
③ 毎週月曜日の朝の集会で5つの「お約束」を、子供達に約束させている先生方の目的は、自分で判断してはいけないと子供達に思い込ませることなのか?
④ 子供達にとって本来魅力的であったはずの砂場を教材にして、使いたければ「お約束」を守るのですよ、と優しくしかも厳しく言い渡されて、察しの良い子供達は絶望させられていた。

園長宮﨑は決めた。
昭和56年防衛施設庁9割補助金で2億円の全面改築1級防音工事が終わった木更津社会館保育園。
その園庭で、子供達が砂場内外の砂を混ぜても持ち出してもいいように、角材3本を組み合わせて、簡単な砂場を作った。ブルーシートによる砂場の管理を止めた。そして数年後、3本の角材を撤去。砂場自体をなくしてしまった。子供達は、おもちゃのシャベルではなく本物のスコップを与えられて、園庭のどこを掘っても良いとされた。一定の範囲内で、水の使用制限もなくした。
そして10年。4月の朝、砂場の代わりに子供達が見つけたのは、園庭のど真ん中の大きな「サプライズ」土山。この山が子供達に崩されるのも中腹に池が作られるのも川が流されるのも、社会館の子供達にとっては、当然の成り行きであった。園庭全体が砂場であり、その砂場には大きな山が置かれている、という浮世絵のような保育園。
素直で受動的な優等生よりも、「根気と勇気と迫力」を持った自己原因性感覚一杯の子供達が育つよう求められ始めた現代日本にあって、この際、社会館吾妻保育園でも、今までの砂場に加えて、大きな山が現れる時が来たのではないか、と私は思い始めています。「つまらない園庭」が「浮世絵の園庭」になる日はいつか?

というわけで、近々ダンプカー数台が、吾妻保育園園庭に現れる見込みです。荷台にあるのは砂では崩れますから、山土になります。
保育所増設・改築ラッシュのここ数年、設計に当たっての1大テーマが園舎と共に、園庭であり、その立体化だと言われます。立体化の具体策の1つが、正に土山のある園庭。ごみのように見えたドラム缶3本の用途がここで初めて明かされることになります。
子供達に予告は無用です。大人の目配りは子供の意識に先回りすべきですが、子供達には「サプライズ」が保証されるべきです。「すごい、山ができている!」第一発見者の栄誉を子供に譲りましょう。新たな運命を自分で引き受けるレッスンを、子供達にさりげなく保証することは、先に死なねばならない親の義務でしょう。

そもそも乳幼児に必須の環境の1つが、斜面であります。90年の人生を支える大黒柱は子供達の足腰(の骨密度)であり、太ももの筋肉であります。
① 0・1・2歳児室には、すでに幾つものハイハイ板が購入設置されております。ちなみに、4月以降に入った室内中型遊具は、すべて桜材です。子供達の涎・汗・鼻水がつくほどに「つや」が増す優れものです。
② 次は3・4・5歳児たちのための登り降りコースが、園庭に、用意されるべきであります。特に、降りコースが足腰の鍛錬に良いことは、高齢の皆様の良くご存じのことかと存じます。

かくして新理事長による園庭改造が、(大樹1本の榎(えのき)の植え込みを残して、)来週中の雲梯設置をもって、ひとまず終わります。
ちなみに「この経費はどこから来るのか」。勿論、吾妻保育園の貯金はゼロですので、下記2ケ所から資金援助を受けております。
① 4月1日から吾妻保育園の維持運営を市から引き継いだ社会福祉法人木更津大正会の財政(40年間の貯金)。② その他、理事長を含む篤志者からの寄付。地元、吾妻新宿の社会館卒業生からの篤志も大歓迎です。
予想外の出費が続いており、既に1000万円以上分の工事が終わっています。何とか1500万円で初期投資を終えられたら良いと算段しております。(福)大正会の財務状況については民営化審議会のチェックも受けております。どうぞご心配なく。
 
皆様のご理解ご支援を切にお願いいたします。

追記 大駐車場に、5m × 45㎝の銀杏の柱1本がきれいに磨かれて出現。タンポポ組・つぼみ2組前のベランダが玄関までつなげられる、その上に掛けられる屋根の支えの柱達の1本になります。百畳軸の大広間の床柱にも使えそうな立派な銘木で、木高東方の長楽寺様から頂いたものです。すでにベランダの工事は完成していたはずですが、大工さんが大怪我をしてしまい、完成は8月になるかもしれません。そこで順番が前後してしまいますが、ベランダ部分に、ヒノキ造りの渡りを先行発注しました。3週間くらいで完成予定です。しばらく雨に濡れますが、その時は玄関からお入りください。 

2021.6.17 / 2021.6.20  名誉園長・理事長 宮 﨑 栄 樹

関連記事一覧

TOP

Copyrighted Image